ハイドロキノン使い方のコツ

漂白剤としての力が強力な分、正しい使い方を行っていかなければ肌トラブルを招いてしまうハイドロキノン。ハイドロキノンが配合されている化粧品は、ドラッグストアや通販で簡単に手に入れることができるようになってきており、身近なものとなりつつあります。

 

ハイドロキノンを上手に利用するために、コツを掴んでいきましょう。

 

化粧水は全体に、クリームはポイントに塗る

ハイドロキノンが配合されている化粧水は、全体的に塗るようにすると効果的です。

 

洗顔で毛穴を綺麗にし、ハイドロキノン配合の化粧水を全体的に塗り、次に美容液と保湿クリームを塗っていきます。そしてハイドロキノン配合されているクリームも塗るとより、ハイドロキノンの美白効果が期待できるでしょう。

 

塗りすぎてしまうと逆に白くなりすぎてしまう恐れがあるので適度な量を使いましょう。

 

クリームは全体的に塗るのではなく、シミが出ているポイント毎に塗っていくことをお勧めします。全体的に塗る化粧水と部分的に塗るクリームを上手に利用していくと良いです。

 

濃度によって変わる使い方

ハイドロキノンには商品によって濃度が違います。
濃度が低いほど安全性が高く、高いほど効果は抜群ですがリスクも大きくなります。

 

使い方も濃度によって変わるので注意しておかなければなりません。

 

ハイドロキノンを上手に使う為には、低い濃度のハイドロキノンは肌全体に塗ること、高い濃度のハイドロキノンは部分的に塗ることが大事です。

 

化粧水とクリームのように、塗る部分も気をつけておかなければなりません。

 

高い濃度のハイドロキノンを実際に顔全体に塗ってしまった人は、肌が白くなりすぎて顔が不自然なくらいの白さになってしまった・・・という方もいます。

 

シミをなくすために使用しているのに、逆効果になってしまっては意味がありませんよね。
ハイドロキノンの知識を身につけて、正しい使い方で上手に活用していきましょう。