美白対策の基本とは?

“色白は七癖隠す”という言葉があるように、お肌が美しく白い方は綺麗な方が多いように感じられます。もとから肌が黒い人でも自分のスキンケア次第で肌を白くさせることはできます。

 

美白対策はどのようなことをすれば良いのか、一緒にみていきましょう。

 

紫外線対策

まず、1番大事なことと言っていいのが「紫外線対策」です。
紫外線はシミのもとになるメラニン色素を生み出してしまう要因となっています。

 

1年中降り注いでいる紫外線を受けないために、外出する時は常に日焼け止めを塗り、日傘や帽子をかぶるなどして対策をすることが大事です。

 

また、外出した後のお肌のケアもしっかり行うようにしましょう。
たとえ肌が焼けたとしてもケアを行うかどうかで大きく変わってきます。

 

美白効果がある食べ物

外側から対策をするだけでなく、体の内側からも美白対策を行うことができます。

 

新陳代謝をUPさせ、お肌のターンオーバーを促すことでシミができてしまった古いお肌から新しい綺麗なお肌へと生まれ変わることができます。

 

日頃の食生活はお肌にとても関わりがあるのです。

 

キウイ、アボカド、パセリ、レモン、イチゴ、ピーナッツ、ほうれん草、グレープフルーツなどの野菜、果物はビタミンCが豊富です。ローズヒップティーといった紅茶もビタミンCが豊富に含まれているので注目してみて下さい。

 

美白化粧品を使う

1番行っている人が多い美白化粧品の使用は、落とし穴があるので注意してもらいたいところでもあります。美白化粧品は、シミを作らないようにメラニン色素の生成を抑制成分が含まれています。しかし、既にできてしまったシミを取り除く事ができる還元作用のある成分は含まれていません。

 

シミの予防に関してはできますが、シミを除去することができないのです。

 

ハイドロキノンといった美白効果が強い成分はシミの還元作用も抑制作用もあるので、シミの予防ではなくシミを消したいのであればハイドロキノンが配合されている美白化粧品を選ぶ必要があります。美白化粧品を選ぶ際は成分表に気をつけて下さい。