ハイドロキノンでシミやニキビ跡を消す!

ハイドロキノンというのは、有名な美白成分です。実は世界ではかなり昔から肌に良い天然成分として知られていて、出来てしまったシミの治療としては、皮膚医療の現場でもずっと主流の治療薬となっています。

 

ハイドロキノンは、イメージ的に最新化学で人工的に作り出された化学物質だと思っている人も多いようですが、実は地球上にはあらゆる形で微量ながらもともと存在している成分です。

 

コーヒーや紅茶にも含まれますし、麦芽やイチゴなどベリー系の植物にも存在します。
細菌にも、海洋生物にも含まれ、とても身近な存在なのですね。

 

ハイドロキノンは取り扱いが難しく、日本では医師の処方無しでは使用出来ない成分に限定していたために、欧米のように一般の愛好家が出るほど名前が浸透していた成分ではありませんでした。

 

最近では安定型ハイドロキノンが開発され、2001年からは濃度の制限を設けた上で一般のスキンケアコスメにも配合されるようになっています。このことで、ハイドロキノンという名前が美容に詳しい女性の間で広まり、今では美白成分として一般でも比較的よく知られる名前となりました。

 

巷で販売されている美白商品はたくさんありますが、メラニンが合成されないように予防するものばかりで、すでに出来てしまった色素沈着を改善していくチカラを持った美白商品はハイドロキノン配合のものしかありません。

 

そうした意味でも、ハイドロキノンはとても人気の高い成分で、世界的にみてもホワイトニング、ブライトニングと言えばハイドロキノンと言われるほど、評価の高い成分なのです。

 

 

ドラッグストアなどにある美白関連商品

シミを予防する効果はあるが、すでにあるシミやニキビ跡を消す効果はない

ハイドロキノン配合の商品

すでにできてしまったシミやニキビ跡を消す効果がある

 

⇒ハイドロキノン配合クリーム一覧

 

ハイドロキノンの効果・効能が凄すぎる

 

美白効果がある成分として知られているハイドロキノンの効果・効能について詳しくみていきたいと思います。どのような効果があるのか知るたびに、ますますハイドロキノンについて興味が湧いてくるでしょう。

 

ハイドロキノンの効果・効能は、肌の美白ということになりますが、メラニンが生成されてシミを予防するだけではなく、すでに色素沈着が起こってしまったシミやソバカスにも効果があるのが大きなポイントです。

 

 

メラニン色素の生成を抑制

ビタミンCのように、シミの原因であるメラニン色素の生成を防いでくれる役割を持っています。

 

メラニン色素は、主に紫外線が肌に当たることによりチロシナーゼと呼ばれる酵素が活性化し、メラニン色素をつくるメラノサイトを生み出してしまいます。

 

メラノサイトが増えれば増えるほどシミの数が増えることになりますが、ハイドロキノンはチロシナーゼの活性化を抑え、さらに、メラノサイトを生み出さないように抑制してくれるのです。

 

よって、メラニン色素を生み出さない綺麗な美しい白いお肌を保ち続けることができます。

 

メラニン色素還元作用

メラニン色素の生成抑制はビタミンCでも可能ですが、ハイドロキノンは少し違います。

 

ビタミンCは既に出来てしまったシミを完全に取り除くことはできません。色を薄めることができる商品もありますが、いつまで経っても除去することができないのです。

 

しかし、ハイドロキノンは既にできてしまったシミでも取り除くことができる力を持っています。ハイドロキノンにはメラニン色素の還元作用があるのです。ここが他の美白成分と違うところでもあり、よりシミを改善することができる効果的な成分としてみなされています。

 

ハイドロキノンの豆知識

肌の中でメラニンが合成させることを阻害して、メラニンを作らせるチロシンキナーゼという酵素が活性化することを抑制、すでに現れてしまった色素を還元して徐々に薄くしていくという理想的な働きがあり、その効果は日本でよく使われてきたコウジ酸やアルブチン、アスコルビン酸などの10倍から100倍もの差があると言われています。

 

ハイドロキノンは、肌の中でメラニンを作っているメラノサイトという細胞を減少させる作用があります。肌の漂白剤とも言われているのはそのためですね。

 

エピソードとしては、もともと昔のフィルム写真を現像する時に使われていた還元剤がハイドロキノンを含んでいて、現像の仕事をしていた人は手が白くなったり肌が白くなったりしたことから発見されたと言います。もちろん濃度にもよりますが、意図しなくも触れているだけで色素を取り去っていくほどの強い効果・効能がハイドロキノンにはあるということですね。

 

2001年の規制緩和を受けて、ここぞとばかりにたくさんの新型ハイドロキノン配合コスメが開発されました。新成分が登場して10年あまりたった今、とても効果的なスキンケアコスメがそろそろ出揃った時期だと言えるのではないでしょうか。

 

ハイドロキノン配合クリームはこちら↓

ハイドロキノン配合クリーム一覧

皮膚科医開発のハイドロキノン化粧品で安心

アンプルールはハイドロキノンが2.5%配合されている化粧品シリーズ。クリームだけ買っても良いですが、本気でシミを消したいのならラインで揃えたい所。トライアルセットなら美白美容液、スポット美白美容液、洗顔料、化粧水、クリームなどを格安でお試しできるのでオススメです。

価格

トライアルセット:1,890円(税込)
クリームAO(30g):19,440円(税込)
コンセントレートHQ(11g):10,800円(税込)

濃度

ハイドロキノン2.5%

浸透力が高い!ハイドロキノンで美白

ビーグレンはハイドロキノンが1.9%配合されています。ビーグレンでは浸透力が他の化粧品よりも高くなる工夫をしているので、濃度が1.9%と低く安全なのにも拘らず効果が高い事で人気になっています。まずは1週間のお試しセットをご利用ください。

価格

トライアルセット:1,944円(税込)
ホワイト3点セット:15,660円(税込)
ホワイト4点セット:25,380円(税込)

濃度

ハイドロキノン1.9%

皮膚科で処方されるクリームと同じです

ユークロマクリームはハイドロキノンが4%配合で皮膚科で処方されるハイドロキノンクリームと同じ濃度になっています。洗顔・スキンケアをした後にこのクリームをシミに塗って寝るだけで簡単。顔のシミやニキビ跡はもちろん、背中などの色素沈着してしまったニキビ跡にも有効です。

価格

単品(20g):1,385円(税込)

濃度

ハイドロキノン4%

ハイドロキノンは濃度が大事!

ハイドロキノンは濃度が大事だとよく言われますが、具体的にどのような濃度が安全性が高く、どれくらいが怖いものなのかを知っておいたほうが良いでしょう。

 

特に一般的に市販されているものにも濃度にバラつきがありますが、濃ければ濃いほど効果が高いというわけでもありませんので、きちんと理解が必要です。

 

・濃度1%〜3%程度

安全性がもっとも高いのが濃度1%〜3%のレベルです。

 

濃度1%〜3%の商品

アンプルール(※濃度2.5%)

ビーグレン(※濃度1.9%)

 

濃度が高いものと比べるととても安全性が高いので、人気なのがこの辺りの濃度の商品です。美白と言えばアンプルールやビーグレンというほど多くの人が使っている定番商品ですね。

 

効果に差があると言うよりも、即効性の面で多少時間を必要とする部分はありますが、肌質によってはこの濃度でも強い刺激を感じてかぶれを起こす人もいます。

 

濃度が低いから問題ないと甘くみて、過剰に使わないようにしましょう。

 

・濃度3%程度〜5%

皮膚科で処方されるハイドロキノンも濃度4%くらいのレベルです。

 

濃度3%〜5%の商品

ハイドロキノンクリーム(ユークロマ)(※濃度4%)

 

病院で処方されるのも大体濃度が4%のものが多いです。濃いシミの場合とかブラックマヨネーズの吉田さんのような重度のニキビ跡の人などはこちらの方が良いですね。

 

かなり刺激は強いので、最初から顔に塗らずに二の腕の内側で簡易パッチテストを行いましょう。赤みやかぶれが出たら即中止して、改善しないようなら皮膚科へ行って診てもらいましょう。

 

4%以下であれば、肌に問題が出たという副作用の報告はほとんど無いそうです。

 

スキンケアコスメに配合されているのは多くて2.5%程度ですので、化粧品を使っている分にはおそらく問題はないでしょう。品質の良いドクターズコスメもたくさん登場していますので、信頼出来る医師の作った製品を選ぶと安心ですね。

 

ネットを見ているとたまにとんでもない数字の配合を謳っている商品などもありますが、まず肌の大事を考えれば飛びつくべきではありません。

 

私たちは単に白くなりたいというのではなく、美しくなりたいわけですよね。
自分を美から遠ざけるようなことはしないようにしましょう。

ハイドロキノンの正しい使い方

間違った使い方をして、副作用な症状が表れ、肌トラブルを招いてしまった人は少なくありません。美容化粧品によくありがちなことですが、使用する前に正しい使い方と誤った使い方が区別できるように知識を入れておく必要があります。

 

トラブルを起こさないためにも、ハイドロキノンの使い方についてマスターしていきましょう。

 

ハイドロキノンの基本的な使い方

ハイドロキノンの使い方は、1日1回夜寝るに塗って、そのまま就寝するのが一番トラブルを起こしにくい使い方です。なぜならハイドロキノンを使った肌はバリア機能が壊れて最弱の状態になっているからで、この状態で外出するのは極力避ける必要があるからです。

 

入浴して清潔にした肌にハイドロキノンを適量塗って、そのまましっかり睡眠を取りましょう。

 

夜22時から夜中の2時までが肌のターンオーバーの時間ですから、この時に一気に効果を発揮させるのが一番理想的な使い方です。

 

基本的なスキンケアは欠かさない事

ハイドロキノンを塗る前に、必ず基本的なスキンケアを行わなければなりません。

 

洗顔→化粧水→美容液→乳液→保湿クリームの順番でスキンケアを行うはずですが、このスキンケアを行い、毛穴を綺麗な状態にしておかなければ、ハイドロキノンを浸透させることはできませんので注意して下さいね。

 

保湿をしっかりした後、数分置いてからハイドロキノンを塗っていきましょう。すぐに塗ってしまうと保湿クリームや美容液と混ざってしまうので十分に染み込ませることができないのです。

 

外出する前に塗るのはダメ

ハイドロキノンは塗るタイミングも非常に重要になってきます。

 

紫外線や熱に非常に弱い成分でもあるので外出する前に塗ってもハイドロキノンの効果を得ることはできません。外出した後、家に帰った時点で塗ることがお勧めです。

 

家に帰り、もう外に出ることはないという時、寝る前にハイドロキノンを塗ると寝ている間にお肌に浸透させることができます。

 

使い方次第でハイドロキノンを上手に使うことができます。シミを効率的に消していくためにもハイドロキノンの使い方を使用する前に把握しておいて下さいね。

 

どうしても日中にハイドロキノンを使いたいなら

 

どうしても日中ハイドロキノンを使う場合には、必ず日焼け止めを塗るなどUV対策をガッチリ行った上で、紫外線を極力浴びないように注意する必要があります。

 

ハイドロキノンを塗って日差しの下に出るのは避けるべきですし、海や山へ行ったり河原でBBQなどアウトドアはもってのほかです。そんなことをしていて肌のシミがひどくなったとか、炎症が起きたなどと言っても薬のせいには出来ません。

 

ハイドロキノンクリームの保存はどうするべき?

 

ハイドロキノン自体が非常に酸化しやすい成分なので、冷蔵庫などで保管の上、1ヶ月で使い切るようにしましょう。酸化してしまうと効き目が悪い等の問題ではなく、つけた肌に大きなトラブルを招く可能性が高いです。

 

残っていても1ヶ月以上経ってしまったら、できれば捨てるべきですし、日の当たる状態で放置してしまったら、中身をダメにしてしまったと思うくらいが安全です。食べ物の生物とまったく同じだと思ったほうが良いですね、もったいなくても無理に食べてお腹を壊す人はいないと思います。

 

⇒ハイドロキノン配合クリーム一覧